FC2ブログ
映画監督を目指して「こども監督」の名刺を持つ、小学生のS君。
今回は宇宙人が宇宙へ帰ってしまうという別れのシーンを、
神戸の海で撮影。母子でガラス絵体験に来られました。

こども監督



「インターネットで神戸の体験をいろいろと検索し、
TEN×TENを見つけました。いつも、その地その地で体験できる
「もの創り」を見つけ、三田では吹きガラスやステンドグラス、
信楽でロクロ、京都に行けば西陣織など、いつも本物の体験を通して
この子は何かを学んでいます。」と語られる素敵なお母様も、なんと小説家!

ガラス絵はいかがでしたか?
「難しいですねぇ…」とおっしゃるお母様の絵にびっくり!
お子さんの撮影シーンをモチーフに、きらめく海の表現をとても美しく描かれました。

監督のS君は何度も絵を拭き取り、しばらくガラスプレートを見つめ…
ようやく描き始めたのが海底の様子す。

大きな魚とグッピーほどの魚たちが泳ぎ
線香花火のような珊瑚や海草までが繊細に描かれています。
「始めは難しかったけど、段々描いていくといろんな魚が自由に描けて
楽しかった^^」

S君、どんどん良い映画を作ってください。
「こども監督」にエールを送ります!
中学生になったら、ガラス絵の公募展に参加して下さいね!
お待ちしています。


ガラス絵作品の受付はこちら



美術研究所 logo
●美術研究所 詳しくは上の画像をクリック●


TEN×TENロゴ
神戸波止場町TEN×TEN
● 開館時間:11:00~18:00
● 休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
● 電話番号:078-351-1335
● FAX:078-351-1334
マリンポートツーリズム








スポンサーサイト



2013.07.04 10:46 | ガラス絵体験 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |