FC2ブログ
ガラス絵は13世紀後半ごろから描かれ、印刷技術が発明されるまで
板ガラスの発展とともにヨーロッパ各地で描かれてきました。
日本には幕末のころ、貿易船によって伝えられたと言われています。

ガラス絵


(このガラス絵は 第2289回 近畿宝くじの図柄に採用されました

透明ガラスの裏に仕上げの部分から描き始めます。
表に返して鑑賞するときは左右の向きが逆になるという絵画です

まさに「ウラ技に、ワザあり!」の楽しさが、ガラス絵の大きな魅力になっています



ガラス絵

先日は中学生の方が「夏休みの宿題にぴったりっ」とガラス絵を体験して帰られました


ガラス絵体験


完成作品は 中学生以上の方であれば 秋に開催されるガラス絵大賞へ そのまま応募することができます。
もちろん持ち帰ることも可能です。

費用は1000円(材料費含む)
開催時間は13:30~16:00(水曜休館です)
絵の具や筆・ガラス等は貸与しています

TEN×TENには全国でただ一つガラス絵のMUSEUMもあります

是非、ガラス絵MUSEUMを観賞しに、ガラス絵の奥深さや楽しさを体験しに
TEN×TENへお越しください
スポンサーサイト



2011.08.02 14:44 | ガラス絵体験 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |